お問い合わせ

お問い合わせ

予診表ダウンロード

こちらで予診表をご覧いただけます。パソコンから印刷してご記入いただきお持ち下されば、当日受付で記入していただく手間が省けます。
※ファイルは別ウィンドウで開きます。ファイルが開けない場合は、右記よりアドビリーダーをダウンロードしてください。 アドビリーダー
  • 大人用
  • こども用

予診表ダウンロード

当院はカードでのお支払いにも対応しております。
対応クレジットカード

診療案内

一般治療

虫歯や歯槽膿漏、入れ歯の治療をします。虫歯や歯槽膿漏は一度進行してしまうと、二度と再生しません。一生、自分の歯でかめる様に早期の治療をおすすめします。

小児歯科

乳歯は永久歯に比べて虫歯の進行するスピードが早く放っておくと すぐに歯の神経にまで達してしまいます。ですから早期に虫歯が発見できれば治療も 軽く済み、お子様への負担も少なくなるとおもいます。

当院では、できるだけ優しくお子様に接して痛みも少なく治療するように心がけています。

インプラント

インプラント治療は、入れ歯やブリッジに代わる新しい治療法です。 歯の抜けた部位にチタン性の人工の歯根を埋め込んで、骨に固着した後、人工の歯冠を装着する治療法です。

>>インプラント・ブリッジ・入れ歯の治療法の比較はこちら

予防・メンテナンス

どんなに高度な治療をしても、健康な天然の歯より良いものはありません。悪くなったところを治療するよりも、治療を必要とする前にメインテナンスで予防して健康な状態を保つ方が楽で美しく、費用もトータルで見ると安く済みます。

やむを得ず虫歯などで治療をした歯も、メインテナンスなしではまた同じことの繰り返しになってしまいます。定期的にメインテナンスを受けることにより、常に良い状態を保ち、異常があっても早期発見して治療範囲も小さくで済みます。

トップへ戻る

レーザー治療

当院では炭酸ガスレーザーを使用しています。炭酸ガスレーザーは、殺菌効果や治癒促進効果があり、炎症の除去や歯周治療 その他審美治療や外科処置など応用範囲の広いレーザーです。
また、熱エネルギーは生体の表面のみにしか作用しないので、痛みや出血の少ない患者さんに優しい治療です。

内科的歯周治療

今までの歯周病(歯槽膿漏)の治療というのは、原因となる細菌の棲み家を歯ブラシや歯石取りの器具で取り除き、歯周外科手術で歯茎の奥の病巣を除去することが主流でしたが、それでも口の中から歯周病菌を追い出すのは不可能でした。
内科的歯周治療は、これまでとは違った新しい治療法で薬を使って歯周病の治療をします。

トップへ戻る

歯肉マッサージ

歯肉マッサージ当院では歯周メンテナンスの一環として、歯肉マッサージを取り入れています。
『芸能人は歯が命』なんて言いますが、それは口元の印象が顔全体の印象を決めるからです。
口元を若々しく保つためには外側だけでなく、口の内側から健康でなければいけません。
歯周病や虫歯で炎症を起こしていたり、歯が失われては笑顔に自信が持てませんね。
笑顔のステキな人は必ずと言って良いほど、歯は白く輝き、歯茎は美しいピンク色をしています。

マッサージの効果

歯肉を適度な圧力でマッサージすることにより、血液循環を促進し、栄養の補給、老廃物の除去により、代謝機能を高めます。歯肉だけでなく、普段使わない筋肉や粘膜(咬筋、ほうれい線など)を伸ばしたりストレッチする事で、マッサージ後は口元がスッキリします。シワ予防にも効果が期待できます。

血行促進

歯肉マッサージは健康増進や予防にはもちろん、歯周病が進行している方、喫煙なさっている方にもおすすめです。
歯肉内部の毛細血管では、酸素や栄養の補給と代謝産物の排泄が行われます。 タバコのニコチンが歯肉の血管を収縮させて血流障害を起こすため、歯周病が進行しやすく、また、歯周病になっても非喫煙者に比べると自覚症状が出にくいため、発見が遅れがちです。歯肉マッサージをして代謝を促し、健康な歯茎を目指します。
他にも唾液が出にくく口の中が乾燥している方や、口の中が疲れている方、入れ歯、インプラントの方にもおすすめです。

リラクゼーション効果

歯肉マッサージには専用のアロマエッセンス配合のジェルを使用します。

<マンダリン(柑橘系)>
  • 眠りを誘う
  • 神経系を緩和し、ストレスや緊張をほぐしてリラックスする
  • くよくよしがちなときや、不安なときにおすすめ
<ハーブミント>
  • 主成分メントールは消化促進や、強壮、消毒効果に優れている
  • メントールは鎮痛、鎮痒に作用がある
  • 口の中がさっぱりするため、忙しくてイライラするときや、リフレッシュしたいときにおすすめ

二種類からご気分に合わせてお好きなフレーバーをお選び下さい。

トップへ戻る

マタニティ歯科

妊娠中のリスク

『妊娠中に歯が駄目になるって本当??』
胎児が必要とするカルシウムが直接歯から溶け出すということはありません。しかし、妊娠中には歯が悪くなりやすい要因がいくつかあることは確かですので、意識して歯を健康に保つように努めましょう。
つわりがもたらすお口への影響
  • 食生活が不規則になる
  • お口の中が酸性になって虫歯になりやすくなる
  • 吐いたものに含まれる胃酸が歯を溶かす
  • ハブラシを口に入れるだけで気持ち悪くなって歯磨きできない
  • 女性ホルモンを好む歯周病菌の作用や、妊娠中の抵抗力の低下などで歯肉が
  • 腫れやすくなる(親知らずの周りの歯茎も炎症が起きやすい)

虫歯菌感染予防

生後間もない赤ちゃんのお口には虫歯菌が存在しないのに、同じ箸やスプーンを使って食べさせたり、キスをしたりすることで周囲の大人、特に密接な接触をするお母さんから赤ちゃんに移ることが分かっています。
しかし、子どもとのスキンシップを止めることはありません。何よりもまず、お母さんの虫歯の治療や予防が大切です。

歯周病と早産のリスク

多くの研究から、重度の歯周病にかかった妊婦は早産や低体重児出産の可能性が高まることが分かっています。
歯周病によってつくられる炎症性物質や細菌が血中に入り込むことで胎盤を通過して胎児に影響を与え、早産や低体重児出産の原因になるのです。
実際に、喫煙は非喫煙の1.5倍、飲酒は非飲酒の3倍、早産のリスクが高くなることに対して、重度の歯周病は喫煙や飲酒より早産のリスクが、アメリカでは7.5倍、日本では5倍、高くなることが分かっています。

生まれてくる赤ちゃんのために・・・
  • タバコは吸わない
    妊娠中の喫煙が胎児に良くないのはもう常識です。タバコは歯茎にも良くないことが 分かっていますので、百害あって一利なしです。
  • 歯と歯茎の境目を丁寧に磨く
    歯茎の炎症は、お口の中を清潔にしておけば防ぐことができます。特に歯と歯茎の境目は要チェックポイントです。
  • 定期的に歯科医院でチェック!
    妊娠中は歯磨きすら面倒な時もあります。磨いているつもりでも、磨けていないこともありますので、定期的に検診を受けられることを、おススメします。

妊娠中の歯科治療

妊娠中の歯科治療について疑問や不安が生じることも多くあるでしょう。 ほりうち歯科では、妊娠中は原則として、お痛みがない限りは歯を削ったり、詰めたりする治療をしません。

『もし治療が必要な場合は??』
できるだけ安定期(妊娠5~9カ月頃)に治療をされることをおススメします。
『レントゲンや歯の麻酔をしても大丈夫??』
レントゲン撮影が必要な場合でも、鉛のエプロンを着けて頂きますし、赤ちゃんの被曝影響はほとんどないことが確認されています。また、歯科で用いる局所麻酔は治療箇所の周辺にしか麻酔薬が停滞しないため、赤ちゃんへの影響は心配ありません。
『薬を飲んでも大丈夫??』
抗生物質ならセフェム系やペニシリン系、鎮痛剤ならカロナールなどのアセトアミノフェンはリスクが少ないことが確認されています。ほりうち歯科ではどちらも対応しておりますので、ご安心ください。

お母さんと赤ちゃんのお産後検診

『子育てがひと段落した頃に歯医者に行ったら虫歯や歯周病が進行していた・・・』
というお母さんも多くいらっしゃいます。
ほりうち歯科では、『お母さんと赤ちゃんのお産後検診』を行っています。 ご希望の方はお気軽にお問合せください。
ご出産予定日をお知らせいただければ、予定日の半年後のおハガキで検診のご案内を差し上げます。

検診内容

< お母さんの歯科検診(保険適用) >
  • ご来院の際には母子手帳、保険証、おハガキをお持ちください
  • ご出産後1年以内にお受けください

お母さんの検診のついでに赤ちゃんの検診もされませんか?
赤ちゃんの検診では、歯だけでなく舌や粘膜、また『小帯』という筋を診ます。上唇の小帯が短い場合は前歯がくっつかず、すきっ歯になりやすい傾向に、 舌の小帯が短い場合はうまくおっぱいを飲み込めなかったり、発音がうまくできない事があります。
早めにチェックすることで改善を図りやすくなりますので、ぜひ『お母さんと赤ちゃんのお産後検診』をご利用ください。

トップへ戻る

Copyright (C) 2009 ほりうち歯科 All Right Reserved.