ネット予約

お問い合わせ

お問い合わせ

予診表ダウンロード

こちらで予診表をご覧いただけます。パソコンから印刷してご記入いただきお持ち下されば、当日受付で記入していただく手間が省けます。
※ファイルは別ウィンドウで開きます。ファイルが開けない場合は、右記よりアドビリーダーをダウンロードしてください。 アドビリーダー
  • 大人用
  • こども用

予診表ダウンロード

当院はカードでのお支払いにも対応しております。
対応クレジットカード

治療法の比較

失った歯の治療法

インプラント

歯の抜けてしまった場所の骨に穴を開け、金属(チタン)でできた人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せる方法です。見た目の美しさや物を噛む力など、自然の歯に最も近い治療法と言えます。

ブリッジ

失った歯の周囲にある健康な歯を土台にして、橋渡し状にして補う方法です。その際、土台となる歯を削る必要があります。人工歯の材料によっては自然の歯に近い審美的な修復が可能です。

入れ歯

「部分入れ歯」と「総入れ歯」があります。「部分入れ歯」は歯を失った部分の型を取り、それに歯合成樹脂の土台をつけた物です。スクラプという金属製のバネによって既存の歯に引っかけて使用します。「総入れ歯」はスクラプがなく、歯肉の上に乗せて使用します。

インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較

治療名 インプラント ブリッジ 入れ歯
イメージ インプラント ブリッジ 入れ歯
保険適応 なし あり あり
メリット ・見た目にも機能的にも自分の歯と変わらない
・治療する歯の骨に固定するため、他の歯にやさしい
・耐久性に優れている
・異物感がない
・虫歯にならない
・入れ歯に比べ、異物感が少なく噛む力も強い
・セラミックを使えば、自然の歯に近い美しさになる
治療費が安くすむ
・治療にさほど時間がかからない
デメリット ・保険が適応しないため、治療費が高額
・骨への定着期間などが必要なため、治療期間が長い
・体質や疾病(糖尿病など)によっては治療ができない場合がある
・他の歯を土台にするため、健康な歯を削る
・土台の周囲にプラークがたまりやすく、虫歯や歯周病の原因になる
・支えになる歯に大きな力の負担がかかる
・息洩れして発音しづらいことがある
・虫歯になった際はブリッジにした歯を全てやり直す必要がある
・つけ外しが面倒
・健康な歯にバネをかけて使用するため他の歯に負担がかかる。
・入れ歯にプラークがたまりやすい
・歯茎が圧迫され痛みが出やすい
・ガタつくなどして違和感がある
・一定期間おきに作り直しが必要

トップへ戻る

素材の違い

 セラミックプラスチック
保険適応なしあり
美しさいつまでも透明感のある白さが続きます。年数を重ねるごとに変色していきます。
耐久性摩耗しにくく、丈夫で長持ちします。歯ブラシでこするだけでも傷がつくことがあります。
清潔感陶器に使う材料を歯科用に強化したもののため、虫歯の原因となるプラークがつきにくいです。付着したプラークは歯磨きをすればしっかりと落とすことができます。セラミックに比べ変色しやすく、プラークもつきやすいです。

トップへ戻る

Copyright (C) 2009 ほりうち歯科 All Right Reserved.